瀋陽支社
あなたの位置 ホームへ > 会社紹介 > 瀋陽支社

   新思軟件技術(瀋陽)有限公司(以下に瀋陽新思と略称する)は2006年に設立して、北京新思ソフトウェア技術有限会社の子会社として瀋陽に全額出資であります。瀋陽新思は資本金を500万元となり、、従業員を150人持っています。社会に高品質で、全方位の情報システム、総合型業務システムのコンサルティングサービス、集積技術を提供するという会社であります。

 

  瀋陽新思は先進的なソフトウェア技術とITサービスを互いに結合して、政府、法人ユーザーのために高い効率の情報化なソリューションを提供します。そして優秀な相談サービスと強大なITサービスの体系を通じて、そして企業と国家機関の取引先の業務の正常さ、高い効率の運行を保障します。会社の主要な業務の領域は日立を覆って、金融、産業、中国政府機関、通信、エネルギー、医療、教育のなど業界です。

 

  瀋陽新思は通って数年来絶えず努力したことを思い慕って、迅速な発展、実り多い成果を得ます。

  2006年11月、日本NTTDATA会社と医療の情報の系統的なサービスの領域で長期の協同関係を創立します。

  2008年5月、日立HISOL会社と瀋陽新思金融の情報サービスの開発センターを設立して、これは中国で初めて本土ソフトウェア会社と日立HISOL会社設立する金融の開発センターです。

  2008年7月、国内市場に向かって、国外の先進的な医療の情報の系統的なソリューションの基礎を参考にする上に、中国モバイル会社と協力して、全く新しさのを製造して、更に広範な範囲があって無線技術の新型の農村の医療協力の系統的なソリューションに基づきます。

  2009年8月、鉄嶺市政府と協力の意向が成立して、鉄嶺のデジタル化の建設が努力をすることためを進める。

  2010年3月、国内の電力の市場を開拓して、中国のエネルギーの先導企業のためにソフトウェアにソリューションを提供します。

  2010年12月、日立の産業と協同関係を創立して、これは瀋陽新思の急速な発展の時期に入ることを意味します。

  2011年4月、日本の先進的な教育のソフトウェアを国内のキャンパスに導入して、中国が情報化の発展を教育することを進します。

  2011年9月、積極的に流通する業界に足を踏み入れて、未来新しい商業の傾向に受け答えします。

  2012年10月、モバイル・ネットワークの領域に足を踏み入れてIOS/ANDROIDの開発に基づきます。

  2013年の初め、モノのインターネットの急速に発展を促進するため、同時に更に国家の“科学技術による農業振興”の呼びかけに応えて、農業の科学技術の産業の需要を満足させて、沈陽新は遼寧省農科院を思い慕ってと協力で戦略的を得ます。

 

  将来IT情報の集積化、融合化の特徴が更に著ししてきます。国際協力を強化して、集めてなりおよび交差して先進的な技術に解け合うことを総合するのはやらざるを得ません。瀋陽新思はこれをきっかけに、自らの強みを結び付けて、同時に市の委員会市政府、日立会社、NTTDATA会社の大きな力が支持するもとに、日中研究開発センターを創立して、専門的に先進的な技術とサービスの理念を研究します。同時に、沈陽新思は思い慕ってひとまとまりのスタッフを製造して、2種類の能力;ひとまとまりのスタッフはつまり1つのチームは建設して、2種類の能力はすぐ日の提案と開発の能力に対して、センタリングのソリューションの能力。

 

  瀋陽新思は、今後、遠からずうちに独特な、環境にやさしいIT製品、またすばらしいソフトウェアサービスの体系を研究開発して、中国及び世界IT情報産業の発展を推進すると計画しています。